VitalDevelopmentJapan発信各種情報
by VD-JP


<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年5月パトリシア来日ワーク(初来日)~心の扉を開く~

2010年5月パトリシア来日ワーク~心の扉を開く~

★女性わかさん 保育士・アロマセラピスト
参加日:2010年5月 3日間全参加
(Q1. あなたにとってどんな扉が開かれましたか?)
たぶん、あちこちの扉が開かれてると思いますが、ような自分が強く感じるのは・・・「自分自身との繋がりであり、すべての存在との繋がり」の扉が開いた。
感覚かしら
(Q2.ワークを受けての感想などあったらシェアしてください。)
こないだは、ホント~に素敵な経験とチャンスをありがとうございました。
心が開くって、すごく気持ちのいいものだったんですね。
なんていうんでしょう・・・人も動物も植物も地球も宇宙もすべてがつながっているような・・・
誰にでもやさしくできちゃう感じしばらくは知らない人にも平気で話しかけちゃいました
この感覚を待っていたような・・・っていうか思い出す・・・いや、知っていた!
みたいな感じです。「本当の私」とつながったような感じがしました。
翼ももらったし、高く高く飛べそうです。
いまでもあの日を思い出すとニマ~としてしまいます。うふふ本当に素晴らしい体験を与えてくださって感謝します。

<リンク>
http://blog.goo.ne.jp/world_wing1971/

★男性Hさん ライター、写真家、イベントコーディネーター 
参加日:2010年5月 3日間全日
このワークに3日間参加しました。28、29日の2日間は、なぜ女性たちは心を開放し
子供のようにむせびなくことができるのだろうと不思議に思っていました。
過去の傷だろうか? 内部に蓄積している歪みや悩みやしこりのようなものが噴出して出てきているのだろうか?
いろいろなことを考えていました。自分は過去の傷の清算は済んでいるし、あんなふうに泣くことは
まずないなと思っていました。
が、3日目に驚くべき瞬間がありました。
たぶん初めの1,2曲目辺りのセレブレーションの歌を聴きながら、歩くというものだったと思います。
最初はまるで曲にも乗れず、適当に歩いていたのですが、周りにつられるように激しく動き始め、気が付く楽しくて気分が高揚してスキップ
のような感じになっていました。
その高揚の状態で曲は終わり、次のグループのウォーキングの番になったのですが、
僕自身は身体の中の奥底からなんとも言い知れぬ感情が湧きあがって来ました。
なんだか急に泣き出してしまいそうな感覚に陥って、必死に止めました。

このとき、初めて女性たちの涙の感覚が少しわかった気がしました。
でもなぜこんなふうになったのかは自分でもわからないし、不思議です。
そこからは金曜、土曜と参加していた時よりも、心の壁のようなものが取り払われた感じがし、本当に楽しい時間を過ごしました。
不思議な体験でした。

それとこのVital Movementで感じたのは、女性の美しさ、母親である女性の美しさでした。
母は強く、セクシーで、そして美しい。母ちゃんに乾杯!

<リンク先>「ゆるゆるEarth」西荻窪でヨガやその他イベントを開催
http://yuruyuruearth.jimdo.com/

★女性RYさん エステティシャン 
参加日:2010年5月 週末2日間参加

「蝶になった瞬間」
ウィークエンドワークショップの2日目最後のワークは、『蝶になる』というものだった。全員でそのワークを行う前に、パトリシアが代表で誰か を1人選ぶ。その時、彼女がゆっくりとこちらの方に近づいてくるのを、私はぼーっと見つめていた。そのうちに、目と目が合って私が選ばれていると知り、 「ええー!!??」とかなりびっくり!!上着を脱ぎながら立ち上がり、信じられない気持ちと嬉しさが混ざり合ったまま、パトリシアに手を引かれながら真ん中へと進み出る。
どきどきしながら立っていると、他に4人のメンバーが選ばれて、パトリシアを含め計5人に丸く囲まれるようにして、私は真ん中にうずくまっ た。 これから何が起きるかわからないので、もう音楽と感覚と他の5人のメンバーに身を任せるしかないっ!と覚悟を決める。
音楽が始まり、幼虫の私はもぞ もぞと動き出し、少しずつ立ち上がろうとする。ふらふらと頼りなげな私の身体、手や脚を、周りのメンバーが一生懸命支えてくれて、引っ張ってくれる。途中 で、心の中を苦しみや悲しみ、痛みが駆け抜けるのを感じていた。つらくて、またうずくまりそうになる・・・。その時、パトリシアのさわやかな息が風のよう に、私の首に吹きかけられるのを感じた。その瞬間、「あ、私は飛べる・・・!」と思い、その風にのって、いっきに羽を伸ばそうとした。とっても大きな勇気 を自分の中に感じて、次の瞬間には背中に大きな、美しい蝶の羽を見たように思った!!
そのときの感じは、今でも鮮明に覚えている。まるで私の内面と外の世 界がひとつになって一瞬ピカッと光ったような感じであった。その蝶の羽は、うすい黄色とグリーンの入り混じった色で周りは黒く縁取られていた。「すばらし い!!」と感じて、わたしは思いっきり羽を伸ばして自由に舞い始めた。みんなの愛の輪のなかで・・・。2日間のともに過ごした時間の中で、いつの間にかも うそこにいる人達は「他人」ではなく、とても親しい、家族のような「仲間」になっていた。
このワークで、私は本当に自分自身の蝶の羽を頂いたように思う。それはイメージの中でかもしれないが、だからこそ、いつでも必要なときには目 を閉じれば自分自身の背中に羽を見出すことができるのではないか・・・。そして、なにものにもとらわれない自由なこころを取り戻せるのではないだろうか。 そんな風に思っている。私は、一生、この「蝶になった瞬間」を忘れないで生きていきたい!

★m.iさん 女性 会社員 
参加日:2010年5月週末1日参加 

Q:あなたにとってどんな扉が開かれましたか?
A:自分らしく自然体でいることの素晴らしさを体感しました
Q:ワークを受けての感想などあったらシェアしてください
A:日曜日1日だけ参加しました。体験、土曜日と参加された皆さんの空気感があったから、突然ワークに入り込んだのにすんなりと入れたのだと感じました。
自分の感じるままに動き、笑い、感動しとても良い体験をしました。
でも、翌日の仕事ではその感動を活かすことはできず、ギャップに苦しみました。
ワークの翌日は休日にした方もいたようですが、翌日から上手く仕事に適応している人もいるのか知りたいと思いました。

★女性 42歳 マッサージセラピスト・ダンサー・アーティスト 
参加日:5月ウイークエンド2日間参加

Q:あなたにとってどんな扉が開かれ ましたか?
A:闇ではなく光のなかで生きること、護られ愛され生かされていること、感謝、身体を感じ開放して踊ることが魂の目 覚めを助けるということ、セクシュアリティー、ユーモアとユニークさ、孤独ではないということ、フレンドリネス、自分を愛するということ、人を敬い愛する ということ
Q:ワークを受けての感想などあった らシェアしてください。
A:ワークを受けたすぐあとに書いた日記です。
http://fanalove.exblog.jp/13735130/

★女性 40代 リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングプラクティショナー 
参加日:2010年5月ウイークエンド参加

Q:あなたにとってどんな扉が開かれましたか?A:子供の頃に感じた「ワクワク」する気持ち、その状況を無邪気に 楽しむ(全身で)という感覚を思いだしました。ハートが開く解放感を味わいました。
Q:ワークを受けての感想などあったらシェアしてください。
A: 普段運動等はしていないのですが、音楽が流れると自然に体が動きだし、少しづつ周りの人達と同調して行くのを感じました。始めは少し恥ずかしさもありましたが、自分が解放されていくにつれて、他人・自分の区別がなくなり、“今”を生き ている楽しさだけを感じる様になっていました。最後に数人の方と“ハグ”をした時、何故か涙があふれましたが、“悲しみ”ではなく“感謝”の気持ちが溢れ 出たように感じました。パトリシアさんの愛のオーラにそっくり包み込まれたようなすばらしいワークでした。

<リンク>
エンジェル・ハーモニー☆http://angel-harmony333.com

★女性 しゅりさん コーチング 
参加日:2010年5月 3日間全参加 
本当に参加してよかったなと思います。
ありがとうございました!
会う人、会う人に「すごいよかったよ~」って思わず話しちゃいます。

「しゅりちゃんは、変容しているね」ってフィードバックもいただきました。
私自身、ワークショップを受けて、自分の中の変化を感じています。
強いて言葉で表現すると…母(女)性が強まった感じです。

<リンク>
http://powerresolution.seesaa.net/


★女性 Jさん 
参加日:2010年5月ウイークエンドワーク1日参加

まず始めに言っておきます。私は踊れません。
リズム感の神経が切れているのです。
でもここでは踊れます。なぜかはわかりません。
誰も私の踊りを批評したり、笑ったりはしません。
私も自分の踊りを評価したり、人の目を気にしたりはしません。
それはとても居心地のいいものです。

部屋いっぱいに参加者がいて、それだけの人数で踊ると、
それはそれはパワフルなエネルギーを感じます。
なんだかわけもわからず、ひとりでに顔が笑ってしまい、
「あら、やだわ」と思うものの、
よく見れば他の人たちも、みんな笑顔。
ニヤニヤしてるのはどうやら私だけじゃなくって、
それもまた居心地がよかったです。

何がそんなに楽しいのか、言葉ではうまく説明できません。
なぜなら、言葉を越えた“体験”が、ここにはあるから。
何を感じるかは、体験するまでわからないことで、
自分の心に何が起きるかも、体験するまでわかりませんでした。

踊っている最中、時折、夢のような感覚がありましたが、
それはやっぱり夢ではないのです。
ダンサーでなくとも、そんな感覚を得られる
というところに、驚きを感じます。
そしてたった一日で、素人(私)を
そこまでの感覚へと引き上げてくれるパトリシアは
本当に素晴らしいディレクターだと思います。
夢のような現実をありがうございました。

★テルミー治療家 
参加日:2010年5月体験ワーク参加
ある人に抱きつかれて「こうしていると安心でしょ!」と言われた。私は安心という言葉は知っていたけれど、安心を感覚では知らなかったのか?安心ってこんな感じなんだと味わった。

体験ワークに参加して、最初に皆で手をつなぎ歩き、最後はいろいろな人と抱き合った。手をつなぐ!抱き合う!相手のぬくもり、におい、息づかい・・・が私の身体に入ってきた。
「みんな一つにつながっている」「人は誰でも優しさをもっている」等等、人を受け入れる言葉は私はたくさんの本を読んで知っている。でも、いざ目の前に人が現れると私と「違う」あなたとして相手を見てしまう。
このワークは逆で言葉はひっこめて、体験、体験の連続。感覚がどんどん表に出てくる。
そしていつか身体で受け止めた感覚が言葉になってくるのでしょう。
ヘレンケラーが手に井戸水を浴びた時に、「ウォーター!」と叫んだ。そんな感じかな?

私は10数年、温熱刺激療法で身体のケアーの仕事をしている。人にさわることには慣れてきた。でも、もしかして、私の感覚を引っ込めて「知った事」で人とつながろうとしているのでは?そんな疑問がわいてきた。
体験ワークを受けると「もっと」という気持ちが出てくるよ、と実行委員の方に言われた。確かに「もっと」かもしれない。

★女性 セラピスト 
参加日:2010年5月体験ワーク/ウイークエンド最終日参加

Q:あなたにとってどんな扉が開かれ ましたか?
A:週末2日間のWSには参加できなかったのですが、とても自由な感覚を味わいました。パトリシアを通じての愛、スタッフさんからもたくさん受取りました。
Q:ワークを受けての感想などお聞かせ下さい。
A:こちらにアップしました。
http://angelflower833.blog25.fc2.com/blog-entry-56.html
★以下一部抜粋。
「このダンスの素晴らしい点は、男性女性、年齢、障害を問わずに自分自身を踊り、表現して、すべてに支えられていることを知る安心感、誰かの踊りを見て得る生命力やつながり。計り知れない内在するエネルギーの爆発、情熱、誇り高き知性、知らなかった自分との出会い、とにかくいろんなことが起こります。
すべて自分のペースでできるのも気楽な点です。
パトリシアさんのひとりの女性として、ひとりの母として、ワークショップではみんなの母のような存在感は、とっても魅力的!」

<リンク>
エンジェルフラワーHP http://www.angelflower833.com/
エンジェルフラワーブログ http://angelflower833.blog25.fc2.com/
[PR]
by VD-JP | 2010-05-27 11:58 | 参加者の声・体験記